調査項目を読み解く

4月の読み解く項目  1-1麻痺等の有無

(1)調査項目の定義
ここでいう「麻痺等」とは、神経または筋肉組織の損傷、疾病により、筋肉の随意的な運動機能が低下または消失した状況を言う。

(2)選択肢の選択基準
ー認定調査員テキスト2009(改訂版)参照

(3)調査上の留意点
・装具や介護用品、器具類を使用している場合は、使用している状態で選択する
・関節に著しい可動域制限があり、関節の運動が出来ないために目的の確認動作が行えない場合を含む(麻痺ありと評価する)
・主治医意見書の麻痺に関する項目とは選択基準が異なる
以上が調査員テキストに記載してある文言ですが、この他に私個人が付け加える留意点は以下のとおりです。
・日常生活の支障をもって判断するものではない
・リハビリの状況も含めて評価する
・手指、足趾はそれぞれ上肢、下肢に含む
・確認動作の「静止した状態で保持」には何秒間などの定めはない

なお、「手指、足趾はそれぞれ上肢、下肢に含む」根拠は以下のとおりです
①認定調査員テキストの「選択肢の選択基準 6.その他(四肢の欠損)」で「いずれかの四肢の一部(手指・足趾を含む)…。と手指足趾を四肢の一部としている事
②麻痺・拘縮の有無の確認方法の基になったと考えられる[厚労省通知 身体障害認定基準]では、手・手指は上肢、足・足趾は下肢に含まれている

(4)実際に行った状況と日頃の状況が異なる場合は、一定期間(概ね過去1週間)の状況において、より頻回な状況に基づき選択する

1‐1麻痺等の有無は、調査員が判断に迷う項目としてあげられるものの上位に入ります。

その理由は以下のようなものによると思われます。
1、どのくらいの角度まで上下肢を上げたら確認動作ができたと判断するのか?
2、下肢の麻痺については、関節に著しい可動域制限があるために確認動作ができない場合は「麻痺あり」と判断するが、軽度の可動域制限の場合は他動的に伸ばすことが出来る最大角度まで自力で伸ばしたり曲げたりできる場合は「麻痺なし」と評価する。この「著しい」「軽度」とは具体的にはどのくらいの可動域制限を言うのか?
3、静止した状態を保持とは、何秒間制止できればいいのか?
4、「その他」には具体的にはどのような状態が該当するのか?
などなど

続きは近日公開

 

Follow me!