調査項目を読み解く ~7月~

7月の読み解く項目  1-5座位保持  1-6両足での立位保持

1-5 座位保持(能力)

1.調査項目の定義
座位保持の能力を評価する項目。
ここでいう「座位保持」とは、背もたれがない状態での座位の状態を10分間程度保持できるかの能力です。調査対象者に実際に行ってもらう、あるいは調査対象者や介護者からの日頃の状態に関する聞き取り内容で選択します。

2.選択肢の選択基準
調査員テキスト参照

3.選択の際の留意点
・座位の状況(椅子・畳の上など)、座り方(端坐位、長座位など)は問いません。
・コルセットなど、装具を使用している場合は使用した状態で判断します。
・「支えてもらえばできる」と判断するベッドのギャッチアップやリクライニング車椅子などの具体的な角度の定めはありません。
・認定調査における「座位保持」とは医学的な定義とは異なり、「できない」と判断するのは基本的に次の3点です。
①長期間(概ね1か月以上)にわたり水平位しかとったことがない。
②医学的理由により座位保持が認められていない。
③背骨や股関節、腰などの拘縮や痛みがあって体幹の屈曲ができない。

4.実際に行った確認動作と日頃の状況が異なる場合は一定期間(過去概ね1週間)のより頻回な状況で選択し、特記事項にその状況と選択根拠を記載します。

現役調査員が判断に迷う項目として挙げることが多い

各種のアンケートなどで座位保持は”判断に迷う項目”の一つに挙げられています。
基礎運動学によれば、基本的座位姿勢とは「上半身を直立位として、股関節と膝関節が90度屈曲して臀部と大腿後面で身体を支持し、足関節が0度で足底を床に接地している体位」となっています。
しかし、麻痺や筋力低下がある場合はこの姿勢を保持するのは困難で、ベッド上ギャッチアップやリクライニングチェアの背もたれを使って何とか上半身を起こしています。
このような背もたれが必要な場合に、背上げ角度がどのくらいまでを「座位保持ができる」と判断するかに迷うのではないでしょうか。

座位保持の評価基準は「上半身を60度以上に起こして保持できるか」が目安

厚労省が発出し、病院の看護必要度や回復期リハビリテーション病棟、また、一部市町村の介護施設で自立度の評価方法として使用されている「日常生活機能評価」(2008年3月)における座位保持の判断基準は、「寝た状態から座位に至るまでの介助の有無は関係ない。さらに尖足・亀背などの身体状況に関わらず、『座位がとれるか』についてのみ判断する。ベッドなどの背もたれによる『支え』は、背上げ角度が大よそ60度以上を目安とする。」としています。つまり背上げ角度を60度以上にすると姿勢が崩れて一人では座位を保持できない場合は「できない」としています。
注:この「日常生活機能評価」と要介護認定調査の選択基準は同一ではありませんが、座位保持以外の起居動作についても両者ほぼ同じ定義、選択基準となっていることから判断基準の参考としました。

介護認定調査で「できない」と判断するのは選択基準に記載された3つの状態のみ

しかし介護認定調査で「できない」と判断するのは選択基準に記載された3つの状態のみです。そして前述の「日常生活機能評価」で一人で保持できる目安としている背上げ角度が60度未満でも、「介護者が(肩や背を)手で支えていないと(60度以上で)座位を保持できない」「背もたれ(座位保持具を含む)がないと(60度以上で)座位を保持できない」と考えられる場合は、「支えてもらえばできる」を選択するとしています。
注:( )内は当サイトの判断で加筆

参考:座位保持具

医学的理由によって座位保持が認められていない場合とは

座位保持が「できない」と判断するのは前述した次の3点です。
①長期間(概ね1か月以上)にわたり水平位しかとったことがない。
②医学的理由により座位保持が認められていない。
③背骨や股関節、腰などの拘縮や痛みがあって体幹の屈曲ができない。
この中の②医学的理由により座位保持が認められていないケースは次のような場合が考えられます。
・起立性低血圧があり、支えがあっても60度以上に上体を起こすことができない
・臀部や仙骨部に褥瘡があり、臀部に荷重すると痛みがある、褥瘡が悪化する
・肛門周囲の術後で、創部の安静のために荷重できない

実際の訪問調査の際に、寝たきりで日頃は姿勢が崩れるので座位にしたことがない、リクライニング車椅子を使っても30度くらいまでしか上体を起こせない状態であり、介護者側は「座位にはなれない方」として状況を説明してくる場合があります。
このようなケースで「支えてもらえばできる」と判断した場合、認定結果が出た後に介護者側から実際の状況と調査結果が違うとクレームが来ないように、日頃は座位にはなっていないが能力的には「手で支える」または「保持具を使う」ことで60度以上で座位保持できると判断し、「支えてもらえばできる」を選択したことを介護者側に伝え、誤解が生じないようにすることが望ましいでしょう。

1-6 両足での立位保持(能力)

1.調査項目の定義
「両足での立位保持」の能力を評価する項目です。ここでいう「両足での立位保持」とは、立ち上がった後に、平らな床の上で立位を10秒程度保持できるかの能力です。

2.選択肢の選択基準
認定調査員テキスト参照

3.調査上の留意点
・立ち上がるまでの行為は含みません
・片足の欠損や拘縮のために床に片足がつかない場合は、ついた片足で項目の定義にある行為ができるかで判断します。
・自分の体の一部を支えにして立位保持する場合は「何かにつかまればできる」を選択します。

4.実際に行った確認動作と日頃の状況が異なる場合は一定期間(過去概ね1週間)のより頻回な状況で選択し、特記事項にその状況と選択根拠を記載する。

調査の現場で体験するケース

①片麻痺があり、患側の膝は屈曲拘縮している。そのため健側片足のみでは身体のバランスを取って掴まらずに10秒間は立っていられるが、両足を着こうとすると身体が傾くために何かにつかまる必要がある。
②下肢筋力低下があり、手すりに摑まっての立位保持も2~3秒のみしかできない。しかし介護者に両脇を支えてもらえば10秒間は立っていられる。

・・・・

①の場合、拘縮で床に両足がつかない、或いは両足をつくのが困難と判断し、「着いた片足で定義にある行為ができるか」で判断します。この場合は片足で10秒間立っていられるので「支えなしでできる」と評価します。
②の場合、「自分一人で出来る」かどうかが評価のポイントです。何かに掴まっても一人では立っていられない、介護者によって身体を支えないと立っていられない場合は「できない」と評価します。

次回は1-7 歩行、 1-8 立ち上がり について読み解きます。

連日暑い日が続いてます。加えてW杯のTV観戦で寝不足ですが、涼しい顔して乗り切りましょう!

 

 

 

Follow me!