審査会に伝わる特記を書く|歩行・立ち上がり

特記記載例 歩行

つかまらないでできる

記載例 ポイント
調査の際は杖なしでも5m以上歩けたが、日頃は転倒予防のために施設内は1本杖を使用して歩いている 表現が若干不足している。
確認動作は「つかまらないでできる」状態であったことは分かるが日頃はどうなのかが判らない。
この場合「日頃からつかまらずに歩けるが、転倒予防のために施設内は1本杖を使用している」とした方が分かりやすい
視力不良で、壁をつたったり杖で前を探るようにして歩いている。壁や杖を支えにすることはない 「何かにつかまる」は該当しないケース。このように具体的な状況が判る特記は記載すべき

何かにつかまればできる

記載例 ポイント
調査の際は杖なしで5m歩けたが、ふだんはバランスを崩しやすく、1か月前に転倒していることもあり、杖がないと不安で歩けない 能力で評価する項目だが、特別な事情で杖なしでは歩けない状態であり、また、それを選択理由としたケース
病棟内は歩行が許可されている。調査の際は1本杖につかまり安定して歩けたが、対象者は転倒が不安なことから日頃車椅子で自走している 「歩行ができない」とは、どのような状況であっても歩行ができない場合が該当。この場合は該当しない。杖があれば歩ける状況と実際の状況を記載する

できない

記載例 ポイント
入院中で、リハビリでのみ歩行が許可されており、日頃病棟内は車椅子で移動している リハビリ以外では歩行できないことを記載する
調査の際は息苦しさがあり、5m連続して歩くことができなかった。日頃も途中で休みながらトイレに行っているとのこと 「5m連続して歩けない」具体的な状況を記載したケース

 

特記記載例 立ち上がり

つかまらないでできる

記載例 ポイント
床から立ち上がる際は前に置いた食卓テーブル等につかまる必要があるが、普通の椅子からはつかまることなく立ち上がれる 膝がほぼ直角に曲がった状態からの立ち上がり状況で評価するのが原則。問題なく立ち上がれるのであれば記載は不要と考える
座面に両手をついて立ち上がるが、手をつく程度で腕に加重する状態ではない 腕を支えにしている状態ではないケース。このような具体的な状況は次回更新時の理解につながる

何かにつかまればできる

記載例 ポイント
介護者の両手をつかんで、その手を支えに立ち上がることが出来る つかまる物があれば自分で立ち上がれると評価したケース。日頃も何かにつかまって立ちあがることが出来ているかを記載すべき
調査の際は対象者の前につかまる物がなく、自力では立ち上がれなかった。しかし日頃はテーブル等に手をつき、腕に加重して一人で椅子から立ち上がっているとの事 実際に行った確認動作の状況と日頃の状況が異なり、日頃のより頻回な状況で選択したケース

できない

記載例 ポイント
入院中で現在点滴治療を受けている。ベッド上安静の指示があり1週間以上立ち上がり行為がない 医学的理由から一定期間その状況にないケース
脇支えや腕を抱えるなどしないと自分一人では立ちあがれない 状況だけではなく「自力では立ち上がれない理由」を簡潔に記載した方が良い。その記載があれば対象者の理解につながる

 

 

次回の特記記載は 片足での立位/洗身 についてです。