調査項目を読み解く|過去14日間にうけた特別な医療「点滴・中心静脈栄養」

点滴の管理

1.項目の定義

「過去14日間に受けた特別な医療」の中の「点滴の管理の有無」を評価する項目です。
ここでいう「点滴の管理」とは、医師の指示に基づき、過去14日以内に看護師等によって実施された行為のみとし、急性期の治療を目的とした点滴は含みません。

2.選択の際の留意点及び特記事項記載の留意点

● 継続して実施されているもののみが対象で、急性疾患や急性期の対応で一時的に行われている医療行為は含まれません。
● 過去14 日以内に行われたものであっても調査時点ですでに終了、治癒している場合は継続して行われていないため該当しません。
● この項目の実施状況は対象者、家族、または看護師からの情報で判断し、状況を確認するために医療機関や訪問看護ステーション等に問い合わせをすることは、守秘義務や治療内容の告知の観点から適切ではありません。
● 実施頻度、継続性、実施者、当該医療行為を必要とする理由を記載します。また、分かる範囲で当該行為にかかる時間も併せて記載します。
● 急性期対応かどうかの判断ができない場合は、開始時期や終了予定時期などを特記事項に記載します。

3.ポイント

調査の際に点滴が行われているかで判断するものではありません。

Ⅰ.調査時に点滴が行われている場合

①今後も継続して行う見込み    → 該当
②継続して行うか未定       → 急性期の対応であるかで判断。状況を特記記入する。
③症状が改善したら終了予定    → 該当しない

Ⅱ.調査時に点滴が行われていない場合

①定期的に点滴を行う必要があり、過去14日以内に複数回行っている  → 該当 状況を特記記入
②必要に応じて点滴できるように点滴針が留置されている       → 該当 状況を特記記入
③必要に応じて点滴するように指示がある場合で
必ずしも毎日は点滴していないが継続的に行っていると評価できる状況 → 該当 状況を特記記入
④必要に応じて点滴するように指示がある場合で
必ずしも毎日は点滴をしておらず、点滴の頻度も少ない状況   → 該当しない 状況を特記記入

4.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
食事摂取量を見ながら点滴をしてお
り、調査時は点滴が行われておらず、針の留置もされていなかった。過去14日間で4回点滴が行われている。
ない継続して行われているとは言えず、又、頻度から判断して該当しない
入院中に急に具合が悪くなり、調査
2日前から点滴が開始された。今後も点滴が続くかは不明
ない急に具合が悪くなって開始された場合は急性期の治療と判断し該当しない。状況を特記に記載する。
現在入院中で、肝機能低下による
皮膚の発赤疹があり連日静脈注射
が行われている
ない静脈注射は該当しない
通院での抗がん剤治療中で、1 週間
に1 回通院し、外来で毎回点滴して
いる
ある通院で継続して行われていれば該当する
老衰状態で看取り対応。食欲がなく、摂取量が少ない時は輸液を行うように主治医の指示がある。ここ5日間は毎日抜き刺しで点滴で輸液が行われた。ある点滴しない日があっても、継続して行われていると評価できる場合は該当する

 

中心状脈栄養

1.項目の定義

「過去14日間に受けた特別な医療」の中の「中心静脈栄養の有無」を評価する項目です。
ここでいう「中心静脈栄養」とは、医師の指示に基づき、過去14日以内に看護師等によって実施された行為のみとします。

2.選択の際の留意点およびポイント

● 経口摂取と併用している場合も含みます。
● 現在、中心静脈ルートからは補液剤等が注入されており、高カロリー輸液剤等による中心静脈栄養が行われていなくても、必要に応じて実施できる体制にある場合は該当します。

3.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
中心静脈栄養のIVH ポートが埋め込みされたが、まだ何も注入されていないないIVH ポートが埋め込みされている場合でも、何も注入されていない場合は該当しない
中心静脈栄養が行われ、側管から点滴も行われているある一時的なものではなく継続的に行わ
れている場合は中心静脈栄養と点滴の両方が該当する
経口からの食事が開始されたため、
現在中心静脈からは補液剤のみが
注入されている状態。今後食事量が
増えない場合は高カロリー剤が再開される予定である
ある現在栄養分が注入されていない場合
でも、必要に応じて中心静脈栄養が開始できる状態の場合は該当する

他のケースも見たい方はこちら!


■調査員テキストには載っていない評価のポイントや、現場で判断に悩むケースを多数紹介。

■判断に悩むケースの選択肢と選択理由を説明