調査項目を読み解く|過去14日間に受けた特別な医療「酸素療法・レスピレーター(人工呼吸器)・気管切開の処置」

酸素療法

1.項目の定義

「過去14日間に受けた特別な医療」の中の「酸素療法の有無」を評価する項目です。
ここでいう「酸素療法」とは、医師の指示に基づき、過去14日以内に看護師等によって実施された行為のみとします。

2.選択の際の留意点及び特記事項記載の留意点

・継続して実施されている酸素療法のみが対象で、急性期などの対応で一時的に行われている場合は該当しません。
・実施場所は問いません。

3.ポイント

継続して行われている場合でも、過去おおよそ14日間に医療機関や看護師等との関りがない場合は該当しません。その際は状況を特記記載します。

 

4.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
HOTが行われており、外来受診は2か月に1回。直近では1か月前に受診した。呼吸状態は安定しており、訪問看護も利用していない。ないHOTが行われている場合でも、おおよそ14日以内に医療機関受診や訪問看護などの利用がない場合は該当しない。
現在入院中で、1週間以上酸素療法が行われたが2日前に一旦終了となった。医師による再開の指示はない。ない継続して行われていない場合は該当しない。
HOT中で、月1回定期的に外来受診して呼吸状態がチェックされている。最後の受診は半月前である。あるHOTが継続され、定期的に受診している場合は過去おおよそ14日以内であれば該当する。
自宅で夜間のみマスク式の人工呼吸器を使用し、酸素2ℓ/分使用している。週1回訪問看護師が呼吸状態を確認している。ある夜間のみであっても該当する。この場合はレスピレーターも共に該当する。

 

 

レスピレーター(人工呼吸器)

1.項目の定義

「過去14日間に受けた特別な医療」の中の「レスピレーターの有無」を評価する項目です。
ここでいう「レスピレーター」とは、医師の指示に基づき、過去14日以内に看護師等によって実施された行為のみとします。

2.選択の際の留意点及び特記事項記載の留意点

・継続して実施されているレスピレーターのみが対象で、急性期などの対応で一時的に行われている場合は該当しません。
・実施場所は問いません。

・経口、経鼻、気管切開の有無、使用時間、人工呼吸器の機種は問いません。

3.ポイント

・酸素が使用されている場合は酸素療法も該当します。
・継続して行われている場合でも、過去おおよそ14日間に医療機関や看護師等との関りがない場合は該当しません。その際は状況を特記記載します。

4.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
睡眠時無呼吸があり夜間のみマスク式人工呼吸器を使用している。マスク装着の際は家族が手伝っている。おおよそ14日以内での外来受診や訪問看護の利用はない。ないレスピレーターを使用していてもおおよそ14日以内での医療機関受診や訪問看護師との関わりがない場合は該当しない。
肺炎で入院し、現在もマスクを使っての酸素投与が行われている。ない酸素マスクはレスピレーターに該当しない。
ALSで気管切開し、気切カニューレを通して人工呼吸器と酸素療法が行われている。週2回訪問看護によって呼吸状態の確認と痰の吸引などが行われている。あるレスピレーターと共に酸素療法、気管切開の処置が該当する。

 

 

気管切開の処置

1.項目の定義

「過去14日間に受けた特別な医療」の中の「気管切開の処置の有無」を評価する項目です。
ここでいう「気管切開の処置」とは、医師の指示に基づき、過去14日以内に看護師等によって実施された行為のみとします。

2.選択の際の留意点及び特記事項記載の留意点

・カニューレの交換、開口部の消毒、ガーゼ交換、痰の吸引等の処置が該当します。
・要件を満たした介護職員によって実施された気管カニューレ内の痰の吸引も含みます。
・カニューレを使用していない、 永久気管孔に対する処置も該当します。
・レスピレーターを使用している、酸素を使用している場合はそれぞれが該当します。

3.ポイント

継続して行われている場合でも、過去おおよそ14日間に医療機関や看護師等との関りがない場合は該当しません。その際は状況を特記記載します。

4.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
喉頭がん術後で永久気管口がある。加湿目的で当てているエプロンガーゼを家族が毎日交換している。過去14日以内での医療機関受診や訪問看護利用はない。ない過去おおよそ14日以内での医療機関受診や看護師による処置等がない場合は該当しない。
気管切開が行われ、家族によって在宅での痰の吸引が行われている。ない同上
対象者の同居家族が看護師で、主治医はその家族に随時痰の吸引をするように指示している。ある看護師である家族に医師が指示し、その家族が気管切開の処置を行い、対象者の状況などを主治医に報告している場合は看護師として関わっていると判断するのが妥当と考える。
気管切開し気切カニューレを使用している。痰の吸引とガーゼ交換は随時家族が行い、週1回訪問看護師が気切口の消毒と呼吸状態を観察している。ある訪問看護師による気切口の消毒と呼吸状態観察が該当する。

他のケースも見たい方はこちら!


■調査員テキストには載っていない評価のポイントや、現場で判断に悩むケースを多数紹介。

■判断に悩むケースの選択肢と選択理由を説明