話題|情報不足で困らないためのMyシート活用

調査から数日後に特記記載、複数の方を続けて調査した…

認定調査後に別の仕事があって特記入力が数日後になり記憶が曖昧、続けて数人の認定調査をしたため情報が混乱、必要な情報を聞き忘れた。そのために選択肢に迷った、特記入力が進まないなどという経験はありませんか?

私の場合、基本調査票の各項目間のスペースに、情報を走り書きでメモして、それを清書の形でPCで特記入力しています。

訪問調査後数日間は記憶がまだあるので選択肢や特記入力で迷うことは余りありません。しかし週を跨いだり、3人続けて調査して数日後に入力する時などは状況が思い出せなかったり、選択肢とメモとの整合性がとれない場合があります。また、必要な情報を収集していないことに気づく場合もあります。

さらに、調査票を提出後しばらく経ってから審査会事務局から照会の電話やFAXが来ると、対象者がどんな方だったか思い出せずすぐには返答できないない時があります。

このような反省から、現在は基本調査票の他に自分で作ったシートを使い、そのシートの項目に沿って聞き取りをしていくことで選択肢や特記記載の際に情報不足で悩むことのないようにしています。

シート紹介

私が現在使っているシートを紹介します。

シートは2種類

シート1:概況に関するシート
シート2:認知機能に関するシート

シート記載の実際

シートの項目と記載について説明します。

<シート1>
・基本的には対象者ではなく、同席者や介助者から聞き取りします。

①病名・症状:現在の日常生活に影響しているものだけを記載します。高血圧や糖尿病などで治療中であっても、現在の生活に影響していなければ不要です。
症状があっても診断がついていないものは「○○の疑い」とし、治療中だが病名が判らない場合は症状を記載します。
②現病歴:①に記載した病気または症状の経過を記載します。
③既往歴:今は治療していないが後遺症などがあって現在の日常生活に影響しているものを記載します。
④現在の医療行為:「過去14日間にうけた特別な医療について」に関連する情報です。
⑤身体・精神手帳の有無:これらの手帳を所持しているということは治癒が見込めないということですからできるだけ聞き取りを行います。
⑥禁忌・制限:医師から言われていることで日常生活に影響しているものを記載します。人工関節置換による運動制限や、食事、水分制限など。これに関連して基本調査項目に含まれない援助が行われている場合があります。
⑦受診状況:移動時の介助方法や外出頻度の参考になります。
⑧サービス利用状況:概況の記載に必要です。
⑨ADL状況:寝たきりや車椅子の生活など大まかな生活状況で、概況の参考にします。
⑩BPSD状況:大まかな認知症状や周辺症状などで、概況の参考にします。
⑪家族構成と援助状況:2群、5群の介助の方法の参考になります。
⑫その他:家族関係や経済状態など、適切な介助が行われていない場合などの参考になります。
⑬内服薬:パーキンソン薬や鎮痛モルヒネなど、薬の飲み方が日常生活に影響すると思われる場合に聞き取りします。

<シート2>

・1シート3名分です。
・①または②は対象者本人、③④は同席者や介助者から聞き取りします。
・同席者にはあらかじめ対象者本人に何点か質問することを伝え、もし対象者が事実と違ったことを言っている場合でもそのまま聞き流してもらうように伝えておきます。
そして対象者が言っていたことが事実かどうか、後で確認することを伝えておきます。
・対象者が警戒しないように、余り詳しく聞くことはせずに話を進めます。そして①あるいは②の各項目は聞き取りする流れの中で評価していきます。
・対象者が言っていることが事実かどうか判らない場合は言ったことをそのまま書留めます。
・対象者からの聞き取りが終わったら、聞き取ったことが事実かどうかの確認を同席者から聞き取りします。そして③④についても聞き取りします。なお、④は5-3日常の意思決定の評価のための項目群です。

記憶力に自信のある方にとってはこのようなシートは面倒なだけかもしれませんが、私には概況記載や5-3日常の意思決定の選択と特記記載、はたまた障害高齢者の日常生活自立度・認知症高齢者の日常生活自立度の選択に大変役立っています。

皆さんも是非参考にしてみて下さい。

 

他のケースも見たい方はこちら!


■調査員テキストには載っていない評価のポイントや、現場で判断に悩むケースを多数紹介。

■判断に悩むケースの選択肢と選択理由を説明