調査項目を読み解く|集団への不適応

1.項目の定義

「集団への不適応」の行動の頻度を評価する項目です。
ここでいう「集団への不適応」の行動とは、家族以外の他者の集まりに参加することを強く拒否したり、適応できない等、明らかに周囲の状況に合致しない行動のことです。

2.選択肢の選択基準

認定調査員テキスト参照

 

3.選択の際の留意点

● 一定期間の定めはありません。
● 能力の項目ですが、調査日の状況を参考に日頃の状況で選択します。
● 元々の性格や生活習慣等の理由から家族以外の集まりに入ることが好きではない、得意ではない場合は該当しません。
しかし、以前からの性格であっても明らかに場面や周囲の状況に合致しないと判断される場合はこの限りではありません。
● 協調性がなく自分勝手な行動が多いために集団に拒否されて参加できない場合を含みます。

4.ポイント

●入院、施設入所などの「集団生活」に対する評価ではなく、身近なグループや集団行動に対しての評価です。
●明らかに場面や周囲の状況に合致しない状況か否かが判断基準です。
●「自分気ままに行動したい性格」「集団のメンバーと気が合わないために参加しない」など、集団に参加しない「妥当」と判断できる理由がある場合は該当しません。

5.判断に迷うケースの選択肢と選択理由

ケース選択肢選択理由
上下肢麻痺があるため他人の視線が気になり、集団の中に入ることに抵抗があるない集団の中に入ることに抵抗があるが,この場合、集団に入りたくない妥当な理由があり該当しない
一人の時も集団で活動している時も、一つのことに集中できずに動き回るない集中力が持続しないための行動であり、定義に該当しない。
施設入所中で、集まりに参加することには門談ないが、女性入所者にセクハラ行為があるためにテーブル席は女性の席と離して対応されているない拒否されて参加できない場合があるが、集団への不適応には該当しない。
現在施設入所中。判断力低下があり夜間の大声や物音など周囲の状況に合わせた行動ができない。そのため他の入所者から苦情が来ている。ない施設入所などの「集団生活」に対する評価ではなく、身近なグループや集まりに対する評価であり、これに参加することに門題がなければ「ない」を選択する。
以前から人の集まるところに行くのが嫌いで、1 か月前に火傷をした際は受診を拒み、家族が火傷の状態を写真に撮り医師に事情を説明し写真を見せて薬を処方してもらっている時々ある以前からの性格ではあるが、明らかに周囲の状況に合致しない行動は該当する
他人に気を遣う性格で以前から人付き合いは苦手だった。最近は他人にかかわることを強く拒否し、1 週間前に家族の依頼でデイサービスの説明に来た地域包括の職員を「集まりの中にはいきたくない、もう来ないでくれ」と追い返す場面があった時々ある以前からの性格であっても、家族以外の集まりに参加することを強く拒否する等、不適切な状態と考えられる場合は該当する
週1 回のデイサービスで、周囲がレクリエーションに誘うと毎回大きな声を上げて拒否し、一人でTV を見ているある集団に入ることに対し強い拒否がある状態は該当する
家族以外の人と話ができない。精神科デイケアに毎日行っているがいつも集団に入らず行動し、町内や親族の集まりに出席することも拒否しているある状況から、家族以外の集まりには適応できない状態と判断する

 

 

次回は について読み解きます。

他のケースも見たい方はこちら!


■調査員テキストには載っていない評価のポイントや、現場で判断に悩むケースを多数紹介。

■判断に悩むケースの選択肢と選択理由を説明